PADIオープンウォーターダイバー

2019.03.02 ダイビング料金

一般的にCカードと言われるスキューバダイビングのライセンスです。

 

<資格取得後にできること>

 

このライセンスは取得後に同じライセンスを持っているダイバーと2人以上でダイビングに参加することが可能になります。

 

日本ではインストラクターなどプロダイバーが引率することが多いですが、このライセンスはプロダイバーなしでもダイビングができるという証明になります。

 

運転免許証を交付されたのと一緒ですね。

 

教官が助手席にいなくても、助手席はご両親や友人でも車の運転ができるようになります。

 

それだけ勉強することもたくさんあります!

 

また、海では最大18Mまでの深さで講習するというルールがありますので、ライセンス取得後も18Mまでは潜った経験があるよ。という証明になります。

 

お客様の中にはオープンウォーターダイバーを持っていれば18Mまで潜れる!と思っている方もいますが、少しだけ意味が違いますのでご注意ください。

 

お店によっては海の講習がビーチダイビングで、ライセンスを発行できるギリギリの水深で実施する場合があります。

 

その場合は6Mや8Mといった経験しかありません。

 

ライセンス取得後のダイビングはスタッフがあなたのログブックを確認し、あなたの経験をチェックします。

 

<資格に必要な費用について>

 

丸1日かかる学科講習をインストラクターと一緒に試験対策をしながら進める場合と、ご自宅でパソコンやタブレットを使って進めるeラーニングの場合で多少お値段が変わります。

 

カンタン便利。最新の学科講習!

 

総額8万3千円(消費税別)

 

取得にかかる日数は【平均4日】です。

<eラーニングで講習希望の場合>

お店でお申込みの場合は費用は変わりません。

 

取得にかかる日数は【平均3日】と自宅学習です。

<費用に含まれているもの>

・レンタル料

・資格申請料

・お店で講習の場合、教科書

・プールの実習費用

・海の実習費用

・海での実習中の昼食

 

※お申込みからライセンス取得までに別途、お店に支払っていただく費用はございません。

 

<PADIセゾンカードでいつでも割引>

ダイバーのために充実した保険が付帯するPADIセゾンカードに当店でご入会の上、クレジット決済して頂いたお客様にはいつでも【消費税分をサービス】いたします。

 

セゾンカードの永久不滅ポイントも貯まります。

 

ダイビングのライセンスは、さらに短い日数で、費用がリーズナブルなPADIスクーバダイバーも取得可能です。

PADIスクーバダイバー

topへ戻る