第3話。キャリアと経験。

2019.08.07 VeryVery,LLC

第2話でジョブカードについて記事を書きましたが、ネット検索して、様式をダウンロードしても手が進まない方がいらっしゃるかと思います。

 

何を書くのか?

 

すぐに書ける方は普段の生活でも自分を客観的に見ることができているのかもしれません。

 

まずはあなたが今までしてきた仕事内容を思い出してみましょう。

 

そしてそれが経験としてあなたのキャリアに影響しているのか。

 

それとも体験としてあなたのキャリアに影響していないのか。

 

これは仕事を任せる側にも必要なポイントですので、説明します。

 

部下に任せる仕事が経験となるのか、体験で終わるのか。

 

フィットネスクラブでは入会前に体験入会のシステムがあるところが多いと思います。

 

お客様に施設を体験してもらい、入会を促すわけですが。お客様にとっても、それが体験で終わってしまえば入会を促すのは難しいのではないでしょうか。

 

入会している会員様と同じように施設を使ってもらうのが体験ですが、それではお客様は自分にとって施設を使うことが何のためなのか?が分からないままかもしれません。

 

それが体験から経験への境界線です。

 

お客様が施設をどう使えば自分のためになるのかを施設側が把握し、実際に感情が動くような時間にならなければ経験になりません。

 

説明が長くなりましたが、ジョブカード作成でうまくいっていない方は今までの仕事内容を思い出し、あなたの気持ちがどう動いたのかを書き足してみてください。

 

それが経験としてあなたのキャリアに影響をしている事柄になっているはずです。

 

退職したい。転職したい。独立したい。けど、フィットネスインストラクターを続けたい。

フィットネスクラブで働いているけど、やりたいことができない。仕事がうまくいってない。スタッフ不足に困っている。

そんなモヤモヤをお持ちの方へ。少しでもヒントになるように3分ぐらいで読める記事を書いていきます。

フィットネス業界に20年以上でありながら、仕事の悩みを解決するプロとして国家資格キャリアコンサルタントを取得したNICKが毎週水曜日に更新します!

フィットネス大好きインストラクターのために、今週もフィットネス業界のモチベーションアップにつながりますように

topへ戻る