教えて!オープンウォーターダイバー教材のハテナ

2019.08.07 SCUBA&FITNESS,ダイビングのハテナ

Cカードと言えばオープンウォーターダイバー。

 

その手前にスクーバダイバーというライセンスもありますが、私の経験上でも、「スクーバダイバーが取りたいです!」と問い合わせに来た方はゼロに近いかもしれません。

 

PADIのホームページでも見つけるのは大変ですよね。

 

と、今日はスクーバダイバーの話ではなく、オープンウォーターダイバーの教材のお話です。スクーバダイバーも使う教材は一緒です。

 

これが約250ページあるフルカラーのテキストです!

 

料金に含まれる<教科書代>って書いてある時に確認するポイントですね。

 

オープンウォーターダイバー取得には教科書と<ログブック>が必要です。

 

これがログブックです。あなたの講習の修了をインストラクターが署名し、証明する大事なアイテムです。

 

購入すると1,000円程になりますので、ログブックの価格は教科書代に含まれているのか確認してくださいね。

 

また推奨教材としてDVD、ビデオで実習内容を確認し、スキル練習スレートを使用します。

スレートとは下敷きみたいなやつです。

 

こちらも料金に含まれるのか、貸し出しなのか、別に購入なのか確認が必要です。

 

こちらはテストにも使用する教材です。

 

教科書とこのスレート、スレートの取扱説明書がセットで販売されていますので、教科書代として含まれていない場合は注意してくださいね。

 

このようにスレートタイプかまたはeラーニングの場合はデジタル版もあります。

電卓タイプもありましたが販売終了となっています。

 

取扱説明書にテストに必要な例題が書かれていますので、取扱説明書を失くさないようにしてください。

 

これらがPADIオープンウォーターダイバーまたはPADIスクーバダイバーに必要な教材です。ライセンス取得の料金で悩んでいる場合はしっかり確認しましょう!

 

スキューバダイビングをしてみたいけど、

どうしたらいいの?

誰に相談するの?

ダイビングスクールはどうやって選ぶの?

資格を取るのは難しいの?

スキューバダイビングを始める前に悩んでいる方へ。少しでもヒントになるように3分ぐらいで読める記事を書いていきます。

ダイビングインストラクターも始めは皆さんと同じように悩んでいます。インストラクターになるまでの実体験やインストラクターになってか、お客様からお聞きする悩みなどをインストラクター歴20年以上のNICKが毎週水曜日に更新します!

topへ戻る