②筋肉バカでもできる筋トレより簡単なマーケティング

2019.11.08 VeryVery,LLC

相変わらず一歩進んで二歩下がる、ワンツーパンチなNickです。

 

前回の3Cとセグメンテーションを繰り返し、かなりターゲットを絞り込みました。

 

スナイパーです。

 

スナイパーNickです。

 

ターゲットを絞り込むと集客自体を絞り込んでしまうと思いますが、私が目指すのはファミレスや定食屋ではなく、こだわりコーヒー屋さんです。

 

ファミレスだって、「ファミリー」ってちゃんとターゲットを明確にしていますしね。

 

ファミレスに1人は行きづらいでしょ?

カウンターなんて無いイメージですし。

 

年齢は50代など、アバウトではなく、58歳というような部分まで明確に。

 

性別、家族構成、趣味、休日の過ごし方など、あなたのお客様になる人ですから、細かく書き出しましょう!

 

もちろんすでに事業をスタートしているなら、今の顧客の中から1人を決めるのが、やりやすいと思います。

 

ペルソナでもいいでしょうけど、空想のキャラクターでは、この人!ってイメージしにくいですよね。

 

新規顧客のアンケートで個人情報を比較して、みんな同じような情報になってくると面白いですよね。

 

このようにターゲットを絞り込む作業を「解像度を上げる」と言います。

 

写メを撮るならガラケーより、スマホ。

写真を撮るならデジカメより、一眼レフ。

 

細かい部分までハッキリとした写真にしていきます。

 

私が絞り込んだその方との会話の中からは次々とヒントが生まれてきます。

 

 

今は商品を見直して、新しい販促活動にチャレンジしています。

 

そして、新たなビジネスモデルの種を撒こうとしています。

 

余談ですが、最近、LINEのお友達登録って、すごいな。って思う時があります。

 

なぜ、お友達登録なのか?

 

お店の登録もお友達登録です。

 

それは簡単!お友達になるからです!

 

あなたが通勤途中、自宅近くを歩いていると電柱に「びっくりタコ入りのたこ焼き屋、近日オープン、LINEでお友達登録お願いします」

 

と書いてあったとします。

 

どれくらいの方が登録するでしょうか。

 

私の経験上、かなり少ないと思います。

 

お店に行く→スタッフに会う→スタッフにLINE登録をすすめられる→登録!

 

それはあなたがお友達と認めたからです。

 

新入生の気分ですよね。

 

初めて学校に行って、机の上に「初めまして、太郎です。LINEのお友達登録しましょう!」ってメモがあったら登録しますか?

 

怪しすぎでしょ!

 

そーゆーことです。

LINEのお友達登録を頑張ってる方はちょっとアプローチを考えてみましょう。

 

ちょっと余談が長かったですかね。

 

今回は3Cから解像度の話になりました。

NICKのマッスルマーケティング第2話でした。あなたのターゲットについて考えてみましょう。

 

ご相談はメールやLINEで受け付けております。もちろん無料ですよ。

 

<メール>info@veryvery29.jp

<LINE>@veryvery29で検索

topへ戻る